ITストラテジストに要求される能力

ITストラテジストにはその専門知識の他に要求される能力があります。

ITストラテジストの仕事は「企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する」ということです。これができる「高度IT人材として確立した専門分野をもつ人」であることが、ITストラテジストには要求されます。IT技術だけを持っていればよいのではなく、事業環境の分析、調査、情報システム戦略の策定、情報システム戦略実現のモニタリングとコントロールなど、様々な仕事があり、それらにまつわる能力が要求されます。「ITを何に活かしていくのか」を明確にできる能力が必要となります。

また、どのような仕事でも、コミュニケーション能力というのはとても大事ですが、ITストラテジストの仕事には、一人でできるようなものばかりではなく、たくさんの人とのコミュニケーションの中で一つのプロジェクトを完遂するというようなものも多いのです。

かつては「技術さえあれば、人は勝手についてくる」という姿勢でも、仕事ができてきたという業界です。しかし「自分の能力を人にアピールできて、人とのコミュニケーションがとれる、という人物でなければ、人が勝手についてくるわけではない」ということに、多くの人が気づき始めています。

経営者に直接意見する場面なども有り、ITストラテジストにはコミュニケーション能力の高さが要求されることを、忘れてはならないのです。

Copyright (C) ITストラテジスト. All Rights Reserved.