ITストラテジストに向いている人とは

ITストラテジストはどのような人が向いているのでしょう。求められる適性について、考えてみましょう。

情報処理技術者試験に臨む人は「自分は情報処理業界に向いているか」ということを、一度考えてみましょう。国語や数学などを学ぶのは、ある程度誰でもできますし、ある程度はイヤでもしなければならない面もあります。

でも、ITストラテジスト、情報処理技術者試験というのは「向き不向き」というものがありますので、向いていない人が無理をして、勉強をしても大変な思いをするだけ、という場合もあるのです。

ITストラテジストは「IT技術が高いこと」のみが求められるわけではなく、なんといっても「コミュニケーション能力の高さ」が求められるようになっています。記述式、論述式の試験がありますので、問題に対して論理的思考で解き、それを文章で表現する。「自分の言いたいことが、採点する人に十分伝わるようにかける能力」というのが、必要とされます。もちろん、この「伝える能力」というのは、今は不十分であっても、磨くということはできます。

また、試験勉強をすることで、この能力が磨かれるということは、将来実際にITストラテジストの職に就いたときに、大変役に立ちます。機械を相手にする仕事だからと、「伝える能力」を磨かないでいる人には、この職業は向かないといえるでしょう。

また、情報処理技術者試験は社会情勢などを反映して、制度改編が重ねられています。資格保持者であることに安住せず、常に自分を磨き続けることのできる人が、ITストラテジストに向いているといえるでしょう。

Copyright (C) ITストラテジスト. All Rights Reserved.